加齢による背骨の病気

院長と看護婦

加齢による身体の衰えは、様々な部位に影響を与えます。中でも顕著なのが背骨で、加齢によって使い続けた背骨は腰部脊柱管狭窄症という病気を発症し、足のしびれなどの症状を引き起こすことがあるのです。

Read more

脳腫瘍の治療費

車椅子

脳腫瘍の治療費は、治療内容によって変化します。保険が適用される症状、治療方法がそれぞれ違いますので把握しておきましょう。メスを入れて手術を行ったり、放射線治療で治療を行うなど様々です。

Read more
  • 眼鏡を掛けている医者
  • 人体構造と治療

    診療案内

    歩くことが困難になる腰部脊柱管狭窄症について詳しく知るならコチラをチェック!治療に詳しい病院の情報も紹介されています。

    人体の背骨は、椎骨と呼ばれる小さな楕円形の骨が縦に連なって構成されています。椎骨の中心部は空洞となっており、その空洞が縦に連なる事で脊柱管と呼ばれる脊髄神経の通り道が構成されています。 腰部脊柱管狭窄症は、この脊柱管が何らかの原因によって狭まる事によって、その中を通る脊髄神経が圧迫をされ、神経症状が出現するという病気になります。腰部脊柱管狭窄症では主に、腰部付近の脊髄神経が圧迫される事からこのような病名がつけられています。 腰部脊柱管狭窄症の症状としては、脊髄神経の圧迫による運動機能の低下、感覚機能の低下、疼痛やしびれが出現します。症状の進行に伴い運動機能は低下し、重度となると完全にマヒ状態となってしまう場合もあります。

    腰部脊柱管狭窄症の治療としては基本的に保存療法が選択されます。薬物療法や神経根ブロックにより疼痛や神経症状のコントロールが行われます。また、これと並行してリハビリテーション療法が行われます。リハビリテーションでは狭窄している脊柱管を拡大するような運動を積極的に行っていきます。ウィリアムズ体操など、骨盤の前後傾、体幹運動を行うことで脊柱管の安定性を高めていく運動が選択されます。 症状が進行している場合は手術療法が選択されます。手術療法では圧迫されている脊髄神経への除圧が行われます。椎弓切除術や椎弓形成術などが行われますが、いずれも難易度の高い手術であるため、整形外科の中でもさらに脊椎部門を専門とする医療機関で取り扱われます。

    がんの治療

    医療機器

    がんの治療は体にダメージを与えるものが多いです。その中で、近年注目されているのが、免疫細胞治療です。自らの体から取り出した免疫細胞を治療に活用するという方法で、近年研究が進められています。

    Read more