がんの治療

医療機器

がんの治療でこれまで大きな障害となっていたのが、体へ与えるダメージです。特に抗がん剤の副作用は治療中の体に大きな負担となることが多かったのです。そういった状況の中、昨今注目されているのが体から取り出した自分の免疫細胞を利用して治療を行なう免疫細胞治療です。現在では様々な免疫細胞治療が研究されており、治療を始めている医療機関も登場しています。がんの細胞を集中的に攻撃する免疫細胞や攻撃対象を特定する細胞などを適宜組み合わせて、がんへの抵抗力を高める治療を行なっているのです。自分のがんの組織を利用する方法も最近は研究されています。複数の免疫細胞治療が可能な医療機関であれば、このような方法の中から、自分に適した免疫細胞治療を選択して行なうことが可能です。

免疫細胞治療では、自分の体から取り出したがん組織を利用することも少なくありません。がん細胞を効率良く攻撃するためにも、敵であるがん細胞の情報を得ることが必要になるのです。そのため、現在では手術で摘出したがん組織を専門の機関に保管出来るサービスがあります。専門機関や手術の担当医に相談すれば、専用のキットを利用してがん組織の確保を依頼することが出来るのです。このような方法でがんの組織を保存しておけば、万が一後に再発した場合にも治療する上での大きな情報が得られます。免疫細胞治療の一環としてワクチンの製造などにも利用することが出来るため、得られるメリットは大きいのです。このような保管は無料の場合もありますが、保管出来る期間はある程度定められています。